温泉

岩室温泉唯一の「自家源泉の宿」です

桧の露天風呂
桧の露天風呂
桧の露天風呂
  • 桧の露天風呂サムネイル1
  • 桧の露天風呂サムネイル2
  • 桧の露天風呂サムネイル3

檜の露天風呂

最上階にあり、檜と浴槽床は十和田石を贅沢につかいました。
岩室と周辺の山々の自然を眺めながら自家温泉を満喫いただけます。
■ご利用可能時間 6:00~22:00

展望大浴場「山の音」

展望大浴場「山の音」
最上階にある、開放感あふれる、天窓付の大浴場です。
お子様向けに水鉄砲やじょうろ等のおもちゃもご用意しております。
■浴室アメニティ…
シャンプー、コンディショナー、ボディシャンプー

■ご利用可能時間
5:00~1:00、毎週水曜日は
6:00~のご利用です

展望大浴場「山の音」
展望大浴場「山の音」

※姉妹館のゆめやも自家源泉の宿です

貸切風呂

浴槽は檜の浴槽、自家源泉をお楽しみいただけます。
利用時間 / 15:30~22:00
料金 / 1回 45分 2,000 円(税別)
ご利用に際しては、ご予約時にお申し込み下さい。

女性に優しいパウダールーム

基礎化粧品が揃っている他、ベビーベッドやオムツ捨て等もご用意しておりますのでお気軽にご来館ください。
脱衣場アメニティ…コットン、綿棒、化粧水、乳液、ドライヤー

湯上り処

湯上り処から見える日の出は最高!
元気が出た!とのお言葉を多数頂戴しております。
朝にはこだわりの「朝茶」(ルイボスティ、黒豆麦茶)をご用意しております。
1日のスタートにビタミン ミネラル補給をどうぞ!
提供時間:6:00~8:00

イメージ

温泉ソムリエが教えるおすすめの入浴方法

01.おすすめの入浴方法
まずは十分な「かけ湯」から 湯舟に入る前に「かけ湯」をしましょう。体の汚れを落としてから入浴するというマナーでもありますが、急激な温度変化による血圧の急上昇の防止など重要なプロセスです。
つま先、腿、腹部、指先、胸と体の末端から心臓近くへと向かっていきましょう。
02.おすすめの入浴方法
体をならす半身浴 いきなり全身で入浴するより、5~6分の半身浴で体を慣らしましょう。その後、軽く肩までつかって入浴の気持ちよさを体感してください。当館では半身浴を楽しんでいただくため、湯舟を少し深めに設定しております。
03.おすすめの入浴方法
入浴時間はほどほどに 入浴時間は温度によって異なりますが、初めは5~10分、なれれば、ぬるめのお湯で30分以内、高温のお湯では10分以内までがよく、それ以上では疲れや不慮の事故を起こすおそれがあります。体に負担をかけにくい「半身浴」「分割浴」を心掛けましょう。
04.おすすめの入浴方法
入浴後はシャワーを浴びないことが効果的 温泉成分は、なるべく洗い流さないようにしましょう。温泉につけてから絞ったタオルで軽く体を拭く程度が、温泉成分が残り、肌についた温泉の薬効が数時間持続します。
※肌の弱い方はシャワーで十分洗い流すことをお勧めします。
05.おすすめの入浴方法
水分補給をしてゆっくり休む 入浴中はエネルギーが消費され、発汗作用により体内の水分は少なくなっています。ぬるま湯やスポーツドリンクなどで水分を補給し、入浴後30分~1時間くらい休憩しましょう。
入浴回数は一日2回くらいが適当です。
温泉へ入る時の注意点
注意点1
宿到着後 すぐに入浴するのは避けましょう。列車や車に揺られ、体のリズムが不安定になっています。
一時間ほど休憩しましょう。
注意点2
食事前後 温泉の刺激により、血液が皮膚の表面に集まるため、胃に血液が行かず消化に良くないので、
食事前後30分~1時間の入浴は避けたいものです。
注意点3
飲酒後 厳禁です。アルコール類は血液循環を良くし、血圧などの変化に対応する能力が低くなっていますので、血圧が上がった場合、これをコントロールすることができず思わぬ事故を起こすことがあります。
2時間くらいおいた方が安全です。

「上の郷おんせん」について

「上の郷おんせん」とは

2012年に富士屋から300メートルと近い、姉妹館ゆめやの玄関先にて湧出した自家源泉です。
以来、当館の大浴場、露天風呂は自家源泉をひいています。直接パイプで引いているので、ありのままの温泉をお楽しみいただけます。

「上の郷おんせん」の泉質・効能

泉質 含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉(弱アルカリ性低張高温泉)
泉温 約56.6度
泉質別適応症 きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、糖尿病
浴用の適応症 一般的適応症…神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、間接のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔病、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進
色・臭気 硫黄を含んだ温泉独特の懐かしい香りで温泉情緒を満喫いただけます。

「上の郷おんせん」の特長

Ph8.3の「美人の湯」…Ph7.5以上は“美人の湯”と言われていますが、当館のお湯はそれをはるかに上回る数値です。まろやかなお湯をお楽しみください。
色の違いを楽しめる…硫黄の成分は、湯船の質によって色が変わります。ヒノキの露天風呂は、エメラルドグリーン。石の内風呂は、白色と、同じ源泉でも違う色を楽しむことが出来ます。
*装飾品貴金属製品は色変わりがあるので注意が必要です。
体がぽかぽかする…皮膚の汗腺をふさぐことで体を温める効果があり、関節痛などにも効き目があるといわれています。

上の郷おんせん 泉質成分

泉質グラフ
硫化水素型の硫黄泉
独特の温泉の香りが楽しめる、空気に触れる環境により、温泉の色が変わる適応症に「糖尿病」「高血圧症」「動脈硬化症」があるので「メタボ予防の湯」ともいえましょう。
成分概要
ナトリウム
重曹成分、不要な角質をとってさっぱりさせてくれる効果。
カルシウム
「ハリ」と「弾力」のある肌を作ってくれる効果。
塩化物泉
塩の成分と肌の成分が結びつき、被膜形成による保湿効果があります。単純に塩のパック効果とかんがえても良いでしょう。この「塩のパック効果」が、入浴で得られた血行促進状態を維持してくれるとともに、保湿剤の役割をしてくれるので、生き生きした色の肌をつくりつつ、肌の乾燥を防いでくれます。
メタケイ酸
肌の保湿力の改善効果結晶により、温泉のお湯の色が青に見える時があります。
メタホウ酸
制菌効果。
溶存物質
溶存物質が1,000mg以上あると泉質名のつく温泉となります。「上の郷温泉」の溶存物質は、5,133mgで濃度の高い個性的な温泉。
水素イオン濃度
泉質とは別のビュウテイー要素として、PH値の違いによる肌への作用があることをごぞんじですか?
「上の郷温泉」のPH値は8.3で、弱アルカリ性の温泉。弱アルカリ性の温泉は、肌に優しく、肌の汚れや古い角質を落としてすべすべにしてくれる作用があります。
水素イオングラフ